2017.10.27

海外赴任からご帰国の方、転勤・転入予定の方の保活

保活アドバイザーのサービスは、海外からご帰国・ご復帰予定の方や、転勤などで遠方から転入予定の方などにもご利用いただくことが多くなっております。

認可等保育園は、見学は必須ではなく、自治体に申請さえ出せば申し込みはできますが、まだまだ狭き門。
さらに、受かるかどうかは、イチかバチか。

そこで、多くの方が「滑り止め」として、認可外保育園(東京都認証保育所などの自治体独自スキームの保育園を含む)の入園枠を獲得しようとするのですが、
1.直接、園での見学または説明会への参加が必須
2.見学・説明会の予約自体が取りにくい(何か月も先、特定の日時に電話せよとの指示があるが電話が殺到してつながらない)
と、高いハードルが立ちはだかります。

近くに住んでいる方ですら、大変なこのハードルですが、遠方から保活をされる方には、クリティカルな問題です。

2.については、国内で引っ越しを伴う方であれば、なんとかできるかもしれませんが、海外在住の方でしたら、時差があったり、国際電話になったりでそれ自体が困難。
1.の直接、園に行くというのは、国内でも海外でも遠方にいる方は、とても負担が大きいもので、日程的にも金額的にも不可能に近いものとなってきます。

代表自身の経験から、”このようなことで保活を諦める方が一人でも少なくなってほしい”、と強い使命感を思って活動しています。(ちょっと暑苦しいかもしれませんが…)

私たちの保活のご支援メニューでは、1.2.それぞれにおいて全面的サポートを行っております。

2.では、「保活代行」として、弊法人のノウハウに基づく保育園見学時のチェック項目だけではなく、お客様が特にお知りになりたいこと(教育カリキュラムやサービスなど)について、直接園長などへのヒアリングを行ったり、可能な範囲で見学時の写真なども含め、詳細にレポートをさせていただいています。

また、申請書の作成・提出のご支援も、「保活代行」パックの中に含まれていますので、「申請書の添削をしてほしい」「●月●日までに園に申請書を出してほしい」といったこともお気軽にご相談いただけます。

詳しい内容をお聞きになりたい方、無料カウンセリングはこちら。