Message

現代日本では、少子高齢化、共働き家庭の増加、人生100年時代の到来といった社会構造の変化とともに、会社の仕事にフルコミットするか否かと言う二者択一ではなく、性別問わず仕事と家庭どちらもフルに充実させたい層が増えるなど、働くことに対する価値観も多様化が進んでいます。
こうした外部環境の変化、社会や企業の制度や意識が追い付いていないことが直接または間接の原因となって、ご自身のキャリアを断念せざるを得ない方が男女を問わず増えており、企業においても人材資本の減少という課題に直面しています。

私たちは、こうした社会・企業・個人の課題に対して、いくつかのアプローチに取り組んでいます。
それは、「企業の経営戦略に基づく人材獲得力・育成力につながる人材戦略の再構築」「社員がその能力・意欲を最大限発揮しながら働き続けられる職場づくり」「社員が復職・就労するための基盤整備に向けた戦略策定」です。また、現役世代を支えるための社会インフラの担い手(保育・介護現場)がより働きやすい場となることが必要であり、政策提言活動と併せて取り組んでいます。こうした活動を通じ、各世代がいつでも人生のチャレンジができる社会をつくることを目指しています。

Facebook